[育毛サプリ/効果] 亜鉛などの抜け毛改善に必要な成分・栄養素を徹底解説!

[育毛サプリ/効果]亜鉛などの薄毛・抜け毛を改善するサプリメントの成分3つのポイント

 

育毛サプリの効果は配合成分である次の3つがポイントです。

1、抜け毛を防ぎ育毛に効果がある亜鉛
2、毛根に栄養を運ぶ血流改善に有効な高麗人参エキス
3、毛母細胞を活性化して育毛を促す成分フィーバーフューエキス

『ダイエットで栄養不足になったからか、抜け毛が増えた』
『育毛シャンプーや育毛剤を試したけど効果がない』

薄毛・抜け毛の原因は食事での栄養不足や日常生活のストレスによる体内環境の悪化が原因です。

育毛サプリは不足した栄養を補い、体内から薄毛・抜け毛を防いで育毛を促してくれます。

育毛サプリには抜け毛を改善し育毛を助ける成分「亜鉛」や、毛根に栄養を運ぶ血流の改善をしてくれる「高麗人参エキス」、髪をつくる工場とも言うべき毛母細胞を活性化させる「フィーバーフューエキス」を配合しており、薄毛・抜け毛を防ぎ丈夫な髪を育てるサポートをしてくれます。

育毛サプリ利用者の感想では『肌の調子が良くなった』『体がポカポカ温かくなった』など、育毛の予兆になる体内環境の変化を感じる方もいます。

手軽に始められる育毛サプリで、薄毛・抜け毛の改善をしていきましょう!

 

初回購入なら32.8%OFFでお得
亜鉛・高麗人参エキス配合で育毛をサポートする

おすすめ育毛サプリへのリンクバナー

 

 

[育毛サプリ/効果]薄毛・抜け毛に効果的なサプリメント栄養素3つのポイント

 

効果的な育毛サプリを選ぶときは次の3つのポイントに絞るといいですよ。

1、発毛・育毛に必要な成分、亜鉛やアミノ酸(アルギニン・リジン)などを種類豊富に配合
2、抜け毛の原因、ホルモンバランスを整える成分プエラリアを配合
3、頭皮の環境を整えるビタミンB群を配合

『分け目がスカスカになってきた、、、』
『ダイエットして髪が細くなった、、、』

薄毛・抜け毛の主な原因は「栄養の偏り」や「加齢」です。

食事制限ダイエットで摂取する栄養が低下すると、生命維持が優先されるため髪の毛など生命維持に不要な部分は栄養が不足していきます。

また、コンビニ食やファストフードなど、偏った栄養摂取が続くと体や髪をつくるためのタンパク質・アミノ酸が不足していきます。

その結果、丈夫な髪がつくられずに細くなったり切れやすくなったりするのです。

女性の場合は、加齢による女性ホルモン分泌の低下が薄毛の原因となります。

女性ホルモン(エストロゲン)は女性らしい豊かな髪や柔らかい丸みをおびたカラダをつくってくれています。

育毛サプリには女性ホルモン(エストロゲン)と同様な働きをする成分「イソフラボン」「プエラリア」が含まれており、減少する女性ホルモンを補います。

薄毛や抜け毛は、栄養不足・ホルモンバランスなど複数の原因が重なっておきます。

育毛サプリは薄毛や抜け毛の原因をサポートする成分が種類豊富に含まれているものを選ぶことで、様々な原因にアプローチできます。

 

 

初回購入なら32.8%OFFでお得
イソフラボン・プエラリア配合で育毛をサポート

おすすめ育毛サプリへのリンクバナー

 

 

[育毛サプリ/効果]薄毛・抜け毛の主な原因と改善方法

 

薄毛や抜け毛は「栄養の偏り」や「加齢などによるホルモンバランスの乱れ」によってヘアサイクルが乱れることで起こります。

育毛サプリは薄毛や抜け毛の原因である「栄養の偏り」や「ホルモンバランスの乱れ」をサポートして育毛を促します。

『ダイエットで食事を制限していた』
『30代になってから分け目が薄くなった』

十分な栄養が取れていないと、少し期間を置いてから影響が現れます。
「人間のからだは半年前の食事でできている」とも言われますので、今自分に起きている体の変化は以前摂取した栄養が大きく影響します。

また、女性は加齢によるホルモンバランスが変化の影響があります。
女性ホルモンの分泌が低下すると、女性の中にある微量な男性ホルモンが相対的に有利になり、男性ホルモンが薄毛に影響を与えます。

栄養不足やホルモンバランスの正常化には食事やサプリメントで栄養を補う必要があります。

育毛サプリは、栄養不足・ホルモンバランスのサポートに適した成分を配合していますので、
丈夫な髪の毛の成長に強力な味方になってくれますよ。

 

[薄毛・抜け毛の原因と対処方法]髪の材料になるアミノ酸やミネラル、ビタミンなどの栄養不足

 

『栄養不足が髪の毛に影響あるの?』
『毎日ちゃんとご飯食べてるけど!』

髪の毛は皮膚のターンオーバーと同じように細胞分裂によって成長します。
髪の毛を作る毛母細胞は、頭皮の毛細血管から材料となる栄養を受け取り細胞分裂が行われます。
つまり、新しい細胞をつくるには元になる材料(栄養)が必要です。

食事でからだに取り込んだ栄養は体の各部に運ばれますが、重要な器官から順番に配分されます。

重要な器官とは生命活動に必要な部位、心臓や肺や脳などの臓器、体を外界から守る皮膚などです。

髪の毛や爪はカラダの末端であるために、栄養の配分は最後になります。
ダイエットなどで栄養が不足すると髪の毛や爪は真っ先に成長の材料が不足してしまいます。

「ダイエットの食事制限で髪が薄くなった」というのは、良く聞かれる話です。
またコンビニ食・スーパーのお弁当は、栄養が偏るという分析もされています。

栄養の不足・偏りが起こる現代において、育毛サプリは以下の3つの点で優れています。

1、普段の食生活では不足しがちな髪に必要な栄養を豊富に配合
2、毎日3、4粒飲むだけの簡単ケア
3、食事よりも不要な脂質やカロリーを抑えることができる

「ちゃんと栄養が取れているか心配になってきた」
「すぐに始められることはないの?」

育毛サプリは、健康補助食品ですので通販などで簡単に購入することができます。
悩みを解消するにはまず行動を起こすことが大切ですよ。

 

[髪の毛に必要な栄養素]髪の毛の材料になるアミノ酸(タンパク質)

 

『アミノ酸って良く聞くけどなんなのか良くわからない』
『タンパク質って肉とか大豆を食べればいいんだっけ?』

髪の毛はその9割以上がケラチンと呼ばれるタンパク質でできています。
ケラチンは髪の毛・爪・皮膚の角質層を形成しており、18種類のアミノ酸が結合してできています。

つまり、アミノ酸不足は髪の原料不足。
原料が少なければ、丈夫な髪をつくることができません。

 

参考:タンパク質-カラダをつくる-・大塚製薬

 

髪の毛を構成する18種類のアミノ酸は大きく2つに分けることができます。

1、体内でつくりだせるもの
2、体内ではつくれず、食事などで摂取しなければならないもの

つまり髪の毛をつくる材料の一部は、その栄養が含まれたものを摂取しなくてはいけません。

この体外から摂取しなければいけないアミノ酸を「必須アミノ酸」と呼びます。

髪の毛のケラチンを構成する必須アミノ酸で重要なのは「リジン」と「メチオニン」です。

リジンはケラチンの構成要素であるとともに、ケラチンの生成を促す働きがあります。

また、リジンには成長ホルモンの分泌を促す働きがあり、髪の毛の細胞分裂による成長をサポートしています。

つまりリジンは、髪の毛の原料であると共に髪の成長を促すという役割があり、髪の毛の成長に最も深く関わっていると言えます。

リジンは育毛向けのサプリメントとして単体でも売られているほど大切な栄養です。

 

メチオニンはケラチンの約2割を構成しているアミノ酸シスチン(システイン)の原料です。

メチオニンの不足はシスチンの不足にもつながり、丈夫な髪をつくることができなくなります。

 

もう一方、体内で作り出せるアミノ酸を「非必須アミノ酸」と呼びます。

これは体内で合成できるので重要ではないように感じますが、実は合成の元になる栄養が必要になること、合成できる量が限られていることから、体外から摂取することも大切です。

髪の成長を考えた時に非必須アミノ酸で重要なのは「アルギニン」と「シスチン」です。

アルギニンは成長ホルモン分泌を促す効果があるとして良く知られています。

成長ホルモンは「細胞分裂の促すことで、新しい細胞をつくる」作用で、髪の毛の成長をサポートします。

また、リジンと組み合わせるとより効果を発揮することも知られています。

 

シスチン(システイン)は、髪の毛を構成するタンパク質ケラチンの中で約2割という最も多い割合を占めています。

シスチンの不足は髪の毛の材料不足に直結し、切れ毛などの原因になります。

このように髪の毛を構成するアミノ酸「リジン」「アルギニン」「メチオニン」「シスチン(システイン)」は、髪の毛の材料として「基盤」になるとともに、髪の毛の成長も促すという重要な役割をもっています。

育毛サプリは「髪の成長」と「丈夫な髪をつくる」という点に注目し、この4種類のアミノ酸を配合しています。

 

リジン・アルギニン・メチオニン・シスチン配合の育毛サプリで丈夫な髪の成長をサポート

 

 

[髪の毛に必要な栄養素]髪の成長に必要な亜鉛などのミネラル

 

『ミネラルって鉄とか亜鉛のこと?』
『亜鉛が髪にいいって聞いたことあるけど実際どうなの?』

育毛という点で注目した場合のミネラルの役割は「アミノ酸の代謝(分解・合成)を助けて髪の成長を促す」です。

 

参考:ミネラルについて・国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所

 

「ヘアケア」という点ではミネラルの中でも「亜鉛」と「銅」の2つのがポイントになります。

 

[栄養素ミネラル]亜鉛

 

亜鉛は髪の毛の材料であるアミノ酸(タンパク質)の分解と合成を促して、髪を丈夫に育てるのに役立ちます。

亜鉛は代謝が活発な細胞(毛髪・皮膚・筋肉・脳・血液・肝臓・腎臓・骨)に含まれて新陳代謝を助けくれる重要な栄養です。

代謝は体内で栄養素を分解・合成することで、取り込んだ栄養を身体の一部に変えていくはたらきです。

髪の毛の材料であるアミノ酸(タンパク質)があっても、上手く代謝ができなければ髪が成長していきません。

つまり、亜鉛が不足すると新しい細胞の成長が遅くなり、薄毛や切れ毛などの原因になってしまいます。

特に亜鉛は生命活動に必要な臓器や、外界から体内を守る皮膚の代謝にも関わっています。

亜鉛が不足した場合、生命維持として優先度の低い髪の毛では真っ先に亜鉛が不足して働きが低下してしまいます。

 

[栄養素ミネラル]銅

銅は黒い髪の元であるメラニン色素の合成を助けて白髪を予防します。

髪の毛が白髪になるのは毛母細胞近くのメラノサイトの機能が落ちてメラニン色素をつくれなくなるからです。

メラノサイトがメラニン色素をつくる要素の1つとしてチロシナーゼという酵素の働きが大切です。

銅はこのチロシナーゼを活性化させる働きがあります。

つまり、銅の働きでメラニンの合成を促して黒い髪をつくってくれるということです。

髪の毛に役立つという点で「亜鉛」「銅」2つのミネラルは「髪の成長を助ける」「白髪を予防する」という重要な役割を持っています。

育毛サプリは「黒くて丈夫な髪の毛をつくる」という点に着目して、摂取したアミノ酸をスムーズに毛髪に変えるための「亜鉛」と白髪予防に役立つ「銅」を配合しています。

 

「亜鉛」「銅」を配合した育毛サプリで抜け毛と白髪を同時に改善!

 

[髪の毛に必要な栄養素]髪の成長を助けるビタミン

 

『ビタミンは野菜をとればいんじゃないの?』
『ビタミンC以外って何に役立つんだっけ?』

髪の毛の成長に関わるビタミンといえば、ビタミンB群です。

ビタミンB群には葉酸(ビタミンB9)やビオチン(ビタミンB7)も含まれます。

ビタミンB群は主にアミノ酸が髪を構成するタンパク質のケラチンに変わる助けをしてくれます。

 

参考:ビタミンB群・一般社団法人オーソモレキュラー栄養医学研究所

 

髪の毛の成長に関係しているビタミンB群は「ビタミンB6」「ビタミンB12」「葉酸(ビタミンB9)」「ビオチン(ビタミンB7)」が挙げられます。

 

[栄養素ビタミン]ビタミンB6・ビオチン(ビタミンB7)

ビタミンB6とビオチンは健康で太い髪をつくるのに役立ちます。

ビタミンB6・ビオチンは食事などで吸収したタンパク質を一度アミノ酸に分解して、身体に必要なタンパク質に再合成する代謝の助けをしてくれます。

食事やサプリメントで摂取した栄養はそのまま体の構成要素になるわけではありません。

髪や筋肉、皮膚や血液(赤血球)は、全てタンパク質と呼ばれるものでアミノ酸で構成されています。

しかし、同じタンパク質でも「髪」「筋肉」「皮膚」「血液」はアミノ酸の組み合わせが異なっているのです。

そこで、吸収した動物・魚の肉や大豆などのタンパク質は、一旦アミノ酸に分解されます。

分解されたアミノ酸は「髪」「筋肉」「皮膚」「血液」の必要な部位で、それぞれに適したタンパク質に合成されます。

この分解と合成を代謝と呼んでいます。

ビタミンB6・ビオチンが不足するとタンパク質の代謝がうまく進まず、せっかく摂取したアミノ酸やタンパク質が髪の毛のケラチンへと合成されるのが遅くなります。

つまり、丈夫な髪をつくることができなくなるということです。

 

[栄養素ビタミン]丈夫な髪をつくる葉酸(ビタミンB9)&ビタミンB12

 

『髪が途中で切れてアホ毛になりやすい』
『葉酸と言えば妊活に必要じゃなかった?』

葉酸とビタミンB12は丈夫な髪の毛を育てるのに役立ちます。

それは葉酸・ビタミンB12が、髪の成長(細胞分裂)に重要な役割をしているためです。

髪の毛をつくる毛母細胞が分裂する際、DNAが持つ遺伝情報に基づいて新しい細胞がつくられます。

細胞分裂の際には新しい細胞へDNAのコピー(複製)を合成しており、正しくコピーされないと間違った情報で細胞がつくられ細胞の異常を引き起こします。

分裂した毛母細胞が異常をもっていると、丈夫な毛にならず途中で切れやすいなどの問題が発生してしまいます。

このDNAの合成に関わっている成分が葉酸です。

妊活にも重要視されている葉酸は新しい細胞を作る際にとても大切なものです。

ビタミンB12はこの葉酸の働きをサポートしているので、合わせて摂ることでより効果的に活躍してくれます。

育毛サプリは、切れ毛などが発生しない丈夫な髪をつくるために「葉酸」と「ビタミンB12」を配合しているものがあります。

 

[栄養素ビタミン]ビオチン(ビタミンB7)

 

ビオチンは、アミノ酸の代謝に関わるとともにメラノサイトを活性化させて髪の色の元であるメラニンを生み出す助けをして白髪の予防をサポートしてくれます。

ビオチンが不足すると、脱毛や白髪、肌荒れ・肌のかさつきなどを引き起こします。

ビタミンB群は水溶性ビタミンと呼ばれ水に溶けるビタミンで、体内で貯めることはできません。

過剰な場合は汗や尿などから体外へ排出されるため定期的に摂取する必要があります。

ビタミンB群はアミノ酸の代謝に関わる栄養で、不足すると丈夫で元気な髪をつくることができずなんらかのトラブル(切れやすい、抜けやすい)が起こりやすくなります。

 

[薄毛・抜け毛の原因と対策方法]髪の栄養が不足する血行不良

 

薄毛・抜け毛の原因の一つとして血行不良があります。

血行が悪くなると頭皮へ十分な栄養が運ばれず、髪の毛の材料が不足して丈夫な髪がつくれなくなります。

育毛サプリでは、この点に注目して血行を改善する栄養素「高麗人参エキス」「イチョウ葉エキス」「ヒハツエキス」などを配合しています。

血行不良が起こる主な現象は「血管収縮」「血管の詰まり」「血管の老化」の3つです。

この血行不良に対する改善には「血管拡張」「血管内脂質の酸化防止」「血管の修復」という3つの方法があります。

 

[血行不良の原因]血管の収縮

 

血管が縮むと血液の流れる空間が狭くなり、血液が流れにくくなります。

この原因は主にストレスと喫煙(受動喫煙も含む)です。

ストレスを受けると、脳から「生命活動に重要な臓器に血液を優先的にまわす指令」が出るため、頭皮などにある末端の毛細血管が収縮します。

この血管収縮を改善する成分として「高麗人参エキス」「イチョウ葉エキス」があります。

高麗人参エキスには収縮した血管を広げる成分ジンセノサイドが含まれており、イチョウ葉エキスには血管拡張に有効なフラボノイドが含まれています。

つまり「高麗人参エキス」と「イチョウ葉エキス」を摂ることで収縮した血管を広げることができるのです。

仕事や家庭など日常生活におけるストレスは慢性化し、末端の毛細血管が収縮して血液が流れない状態になっている場合があります。

元々このストレスによる自律神経の反応は危険を察知した際の動物的な反射活動で、すぐに的確な対応がとれるように脳や肺や筋肉へエネルギーを送るため、抹消血管への血液供給を絞っているのです。

しかし仕事や家庭でのストレスでも同様な反応をしてしまい、日常的に毛細血管の血流不足に陥っている場合があります。

 

[血行不良の原因]血管の詰まり

 

当たり前のことですが、血管が詰まると血液の流れが悪くなります。
詰まりの原因は主に血管の内側に脂肪が固着するためです。

育毛サプリに配合されている「高麗人参エキス」は脂肪の代謝を促し、「イチョウ葉エキス」は脂肪が酸化して固着するのを防ぐ効能があります。

欧米化した日本の食事では、脂質の吸収が増えています。
特にファストフードや揚げ物が多い弁当などはこの原因になっています。

食生活をすぐに変えるのは難しいことです。

普段の食事にプラスαの育毛サプリで、血液内の脂肪を代謝させて血流の改善をしましょう。

 

[血行不良の原因]血管の老化

 

『血管の老化ってテレビで見たけど実際どうなの?』
『血管の老化は改善できるの?』

髪の毛に栄養を運ぶ頭皮の毛細血管は、老化やストレス・食生活の乱れなどでダメージを受けると血管で運搬している栄養などが血管の外に多量に漏れ出してしまいます。

これを血管の老化と呼んでいます。

育毛サプリはこの老化した血管を修復して正常な状態に戻す効果がある成分「ヒハツエキス」を配合しています。

 

[薄毛・抜け毛の原因と対策方法]頭皮環境の悪化

 

薄毛や抜け毛の主な原因3つ目は「頭皮環境の悪化」です。

髪の毛に必要な栄養を摂取し、血流を改善して頭皮まで栄養を運んでも、髪の毛が育つ環境が悪ければ丈夫な髪が育ちません。

育毛サプリには頭皮環境を整える「ビタミンB6」「パントテン酸」「イソフラボン」「アルギニン」「亜鉛」「シスチン」「葉酸」「ビタミンB12」などが配合されています。

頭皮環境は以下の3つのポイントで説明していきます。

1、頭皮の皮脂量
2、頭皮のハリと弾力
3、頭皮のターンオーバー

どれも、頭皮環境を整える点で重要なポイントになります。
それでは、詳しく説明していきましょう。

 

[頭皮環境悪化の原因]頭皮の皮脂量が多すぎる・少なすぎる

 

頭皮の皮脂量バランスが崩れると皮膚炎や毛穴の詰まりが起こり薄毛・抜け毛の原因となります。

育毛サプリには脂質の代謝を促し、皮脂の量を調整する「ビタミンB6」「パントテン酸」が配合されています。

頭皮は弱い皮膚であるため表面に皮脂を分泌することで紫外線や雑菌などから守っています。

この皮脂の分泌量が多すぎたり少なすぎたりバランスが崩れると皮膚炎や毛穴のつまりなどを引き起こし薄毛の原因になります。

皮脂が多い場合は毛穴がつまり毛髪の成長を妨げたり、脂漏性皮膚炎の原因になります。

反対に皮脂が少ない場合は頭皮のバリア機能を低下させ、紫外線などの影響を受けて頭皮の炎症を引き起こします。

また、頭皮には皮脂と密接に関わる常在菌という菌が存在しており、様々な役割をしています。

皮膚常在菌は皮脂やターンオーバーによって不要になった皮膚などを栄養として脂肪酸をつくり、保湿成分を生成して皮膚表面の潤いをたもったり紫外線の透過を防止したりして頭皮を守っています。

皮脂の分泌バランスが崩れると常在菌の働きも弱り、頭皮の乾燥や紫外線によるダメージが増えます。

育毛サプリに配合されているビタミンB6やパントテン酸は脂質の代謝を促し、皮脂の量を調整する役割があります。

 

[頭皮環境悪化の原因]頭皮のハリと弾力・潤いが失われている

 

髪の毛が丈夫に育つ環境には、頭皮のハリと弾力、潤いを保つことが大切です。

育毛サプリに配合されている「イソフラボン」「亜鉛」「銅」「アルギニン」は頭皮のハリと弾力、潤いを保つサポートをしてくれます。

イソフラボンはコラーゲンの合成やヒアルロン酸の生成に関わり、頭皮の健康全般に役立ちます。

「亜鉛」や「銅」はコラーゲンの生成に関わり、皮膚のハリや弾力を保つのに役立ちます。

アルギニンは皮膚の天然保湿因子(NMF:Natural Moisturizing Factor)の成分で、表皮の角質層にある保湿に大切な成分。皮膚のバリア機能を担っています。

 

[頭皮環境悪化の原因]頭皮のターンオーバーの乱れ

 

頭皮のターンオーバーが乱れると、表皮が炎症や乾燥を起こしやすくなります。

頭皮の炎症や乾燥は毛髪の成長が阻害するため、髪が途中で切れやすいなどの問題が発生し薄毛の原因となります。

育毛サプリに配合されている「シスチン」「葉酸」「ビタミンB12」は、頭皮のターンオーバーを正常化させる働きがあります。

頭皮は正常であれば一定のサイクルでターンオーバーして新しい細胞に入れ替わります。

頭皮の表面は定期的に新しい細胞に入れ替わることでバリアになる角質層を作り、外的刺激から守られています。

通常のターンオーバーは約28日間で、この期間が乱れるとバリア機能が低下して外的刺激が皮膚内部に影響し、肌荒れによる炎症や乾燥を引き起こします。

炎症や乾燥した頭皮では毛髪の成長が阻害され、途中で切れやすいなどの問題が発生し薄毛の原因となります。

ターンオーバーの乱れはストレスや栄養不足によるものです。

アミノ酸のシスチンは皮膚の代謝(ターンオーバー)のサイクルを正常化させる働きがあります。

葉酸とビタミンB12はDNAの合成に関わり、皮膚のターンオーバーを正常化させる役割があります。

育毛サプリはシスチンや葉酸・ビタミンB12が配合されているものを選んで、皮膚のターンオーバーを正常化し、バリア機能を維持して丈夫な毛髪を育ててくれます。

 

 

初回購入なら32.8%OFFでお得
頭皮環境を整える配合成分で育毛をサポート

おすすめ育毛サプリへのリンクバナー

 

 

[薄毛・抜け毛の原因と対策方法]ホルモンバランスの乱れ

 

ホルモンバランスの乱れは薄毛・抜け毛の原因となります。

育毛サプリは男性ホルモンを抑える、女性ホルモンのサポートをするなどホルモンバランスを調整して抜け毛を改善します。

男性と女性でホルモンバランスの影響、対策方法が異なります。

 

[ホルモンバランスの乱れ]男性の場合

 

男性の抜け毛の原因で有名なのは男性型脱毛症(AGA:Androgenetic Alopecia)です。

AGAは男性ホルモンの影響でヘアサイクルが乱れ、まだ成長期の毛髪が抜けていくことにより起こります。

育毛サプリに含まれる成分「ノコギリヤシ」と「亜鉛」は、この男性ホルモンの活動を抑制するため、抜け毛を防ぐことができます。

 

ホルモンバランスで頭髪が減る仕組み(AGA)とは

 

男性の場合、成長期にある毛髪は通常のヘアサイクルで3〜5年ほど成長を続けます。

通常の成長期が終わると毛髪をつくっている毛母細胞から成長を止める指令が出ます。

すると毛髪は成長がとまり、やがて抜け落ちて次の新しい毛髪が生える準備に入ります。

男性ホルモンが影響するとこの成長期間が短くなります。

毛髪は時間の経過とともに太く成長していきますので、成長過程の細い毛髪が抜け毛として増えていくことになります。

頭髪は常に約15万本生えており、成長期を終えた髪が毎日100本程度抜け落ちています。

これが通常のヘアサイクルですが、毛髪の成長期間が短くなると成長している本数より抜け落ちる本数が増えるため、頭髪全体の本数が減ることになります。

 

AGAに対するノコギリヤシと亜鉛の働き

 

AGA(男性型脱毛症)の原因が男性ホルモンの影響であることをお話しました。

育毛サプリに配合されている「ノコギリヤシ」と「亜鉛」には、この男性ホルモンの活動を抑えて、抜け毛を予防する効果があります。

抜け毛に影響するのは、ジヒドロテストステロン(DHT:Dihydrotestosterone)と呼ばれる男性ホルモンです。

DHTは成長中の髪の毛に「成長を止めて抜けなさい」という指令が届くよう影響を与えます。

すると成長途中の毛髪が強制的に成長を止められて、ヘアサイクルが短くなるのです。

DHTは、男性ホルモンの主成分であるテストステロンが変化することで発生します。

テストステロンを変化させるのは5αリダクターゼという還元酵素。

この5αリダクターゼの働きを抑えることでDHTの発生を抑制し、抜け毛を抑えることができます。

育毛サプリに含まれている「ノコギリヤシ」「亜鉛」には、5αリダクターゼの活動を抑える効能があり、抜け毛予防に役立ちます。

 

[ホルモンバランスの乱れ]女性の場合

 

女性特有の抜け毛の原因は、女性ホルモンの分泌低下です。

育毛サプリには女性ホルモンと同じ働きをする「イソフラボン」「プエラリア」が配合されており、抜け毛を防ぎます。

男性は男性ホルモンの影響による男性型脱毛症(AGA)が有名ですが、女性も男性ホルモンの影響で抜け毛になるのです。

これを女性の男性型脱毛症(FAGA)と呼びます。

女性は女性ホルモンが多く、男性ホルモンの働きを抑えているため男性のようにおでこや頭頂部の毛髪が目に見えて無くなることはありません。

しかし、女性ホルモンの分泌が低下すると徐々に男性ホルモンの影響を受けて抜け毛が増え、全体的に毛髪が少ない薄毛の状態になっていきます。

 

[薄毛・抜け毛の原因と対策方法]その他の原因:円形脱毛症

 

抜け毛の症状の中でも、徐々に抜けていくのではなく短期間で円形や楕円形に地肌が見えるほど抜けてしまう状態は「円形脱毛症」です。

「円形脱毛症」は栄養不足・ホルモンバランスの乱れではなく、ストレスなどをきっかけに体内の免疫が異常を起こして毛根を異物(ウイルス・細菌などの外敵)として攻撃することで起こります。

育毛サプリにはストレスを緩和させる「高麗人参エキス」が配合されており、初期の円形脱毛症を抑えることができます。

<円形脱毛症の症状>
円形脱毛症にはいくつか段階があります
1、単発型
2、多発型
3、蛇行型
4、全頭型
5、汎発型

 

初回購入なら32.8%OFFでお得
女性専用の配合成分で育毛をサポート

おすすめ育毛サプリへのリンクバナー

 

 [育毛サプリ/効果] 薄毛・抜け毛に必要な成分(栄養素)を解説

 

薄毛や抜け毛は、栄養不足や日常生活における体内環境の悪化が主な原因です。

育毛サプリには、髪の毛の成長に欠かせない栄養「アミノ酸」「亜鉛」や体内環境を改善する「ビタミンB群」などの成分を配合しています。

育毛サプリに配合されている代表的な成分を紹介していきましょう。

 

[薄毛・抜け毛に効果的な成分]亜鉛

 

亜鉛は体内の代謝(細胞分裂など)とホルモンバランス調整をサポートして丈夫な髪をつくっており、不足すると薄毛・抜け毛の原因となる重要な栄養素です。

 

亜鉛は代謝が活発な部位(髪・皮膚・内臓・骨など)に存在していて、タンパク質(アミノ酸)などの栄養素が体の一部に役立つよう、常に消費されています。

 

亜鉛は生命活動に必要な部位(内臓・皮膚)に優先的に使用されるため、不足すると生命活動に不要な髪にまず影響が出てしまいます。

 

現代社会では、亜鉛の不足が深刻になっています。

 

厚生労働省の摂取推奨量と、実際の摂取量を見てみましょう。

 

厚生労働省による亜鉛の摂取推奨量は男性(15〜69歳)10mg、女性(12〜69歳)8mgです。

参考:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要」

 

しかし、実際の摂取量は平成25年(2013年)の調査によると、男性と女性の摂取平均は以下になっていました。

1、男性の平均摂取量:9mg(20〜59歳)
2、女性の平均摂取量:7mg(20〜59歳)

参考:厚生労働省「平成 25 年 国民健康・栄養調査結果の概要」

 

また、コンビニ食やスーパーのお弁当は亜鉛などミネラル不足が注目されており、栄養の偏りによる亜鉛不足はさらに進んでいます。

 

育毛サプリは亜鉛の重要性に着目して、髪の元になるアミノ酸と亜鉛と合わせて配合しています。

 

現代の食生活では不足しがちな栄養素を効率的に摂取して、薄毛や抜け毛を防いで丈夫な髪を育てるために育毛サプリを活用しましょう!

 

「亜鉛」「アミノ酸」をバランス良く配合した育毛サプリで薄毛・抜け毛を改善!

 

[亜鉛の役割・1] 髪の成長を助ける

 

亜鉛は髪の毛の主成分であるケラチンたんぱく質の合成をサポートしていますので、不足すると髪の毛の成長が遅くなります。

 

毛髪はケラチンと呼ばれるタンパク質が主成分で、18種類のアミノ酸で構成されています。

 

摂取したアミノ酸は亜鉛の力を借りて、ケラチンとして合成されていきます。

 

つまり、髪の材料となるアミノ酸があっても亜鉛が不足すると髪の成長が遅くなります。

 

また、髪の毛の成長(細胞分裂)は、細胞が分裂する際に元の細胞のDNAを複製(コピー)しています。

 

この際DNAが正しくコピーされるように助ける役割を持っているのが亜鉛です。

 

DNAが正しくコピーされないと、正常な細胞がつくられずにもろくなり、切れ毛になりやすい髪になってしまいます。

 

 

[亜鉛の役割・2]ホルモンバランスの調整で薄毛や抜け毛を防ぐ

 

亜鉛は性ホルモン(男性ホルモン・女性ホルモン)の分泌をサポートしています。

亜鉛の不足、加齢などで男性ホルモン・女性ホルモンが減少すると、脱毛症の原因になります。

男女それぞれの作用について説明していきましょう。

 

[亜鉛の役割・2-1]男性ホルモンの生成をサポートして抜け毛を防ぐ

 

亜鉛の不足、加齢などによる男性ホルモン(主成分:テストステロン)の分泌低下は男性型脱毛症(AGA)の原因になります。

テストステロンが減少すると、男性ホルモンを増やすために活性型男性ホルモン(ジヒドロテストステロン:DHT)を増やす活動が活発になります。

DHTの増加はまだ成長途中にある毛髪へ「成長を止める指令」を出す原因になります。

そうすると、通常3~6年ほどある毛髪の成長期が数ヶ月~1年ほどで終わり、抜け落ちてしまいます。

つまり、活性型男性ホルモン(ジヒドロテストステロン:DHT)の増加は、まだ成長途中の毛髪へ成長を止め、抜け毛を増やす原因となります。

これが、男性型脱毛症(AGA)です。

亜鉛は男性ホルモン(テストステロン)の分泌を助け、活性型男性ホルモン(ジヒドロテストステロン:DHT)の増加を抑えて、抜け毛を防ぎます。

 

[亜鉛の役割・2-2]女性ホルモンの生成をサポートして抜け毛を防ぐ

 

亜鉛の不足、加齢などによる女性ホルモン(エストロゲン)の分泌低下は女性における男性型脱毛症(FAGA:Female AndroGenetic Alopecia)の原因になります。

女性ホルモンが減少すると、女性の中にある男性ホルモン影響が強まります。

男性ホルモン(主成分テストステロン)は、還元酵素である5αリダクターゼの作用で活性型男性ホルモン(ジヒドロテストステロン:DHT)に変化します。

DHTはまだ成長中の毛髪に「成長を止める」指令を出す原因になっています。

本来、髪の成長期は女性の場合で4~8年ですが、DHTの影響で数ヶ月~1年で成長が止まり抜け落ちてしまうのです。

5αリダクターゼの作用は個人差があり、人によって作用の度合いは様々です。

女性ホルモンはこの5αリダクターゼの作用を抑える働きがあります。

つまり、亜鉛は女性ホルモン分泌をサポートして5αリダクターゼの作用を抑え、抜け毛を防いでくれます。

 

[亜鉛の役割・3]脱毛症の原因を抑制

 

亜鉛は男性型脱毛症(AGA)を抑える働きがあります。

男性・女性ともに男性ホルモンを持っており、どちらもAGAの危険性があります。

男性の場合は、男性ホルモンの影響が強く出るためおでこや頭頂部の毛がほとんど無い状態まで進行しますが、女性の場合は男性に比べて経度で全体的に薄毛の状態になります。

AGAの原因は活性型男性ホルモン(ジヒドロテストステロン:DHT)の増加です。

DHTが増加すると、成長途中にある毛髪(成長期の目安/男性:3~5年、女性:4~8年)に「成長を止める」指令が出てしまいます。

すると、数ヶ月~1年ほどで毛髪の成長がとまり、抜け落ちていきます。

これが男性型脱毛症(AGA)です。(女性の場合はFAGA)

DHTは、男性ホルモンの主成分であるテストステロンが、還元酵素5αリダクターゼの作用で変化したものです。

5αリダクターゼの作用によるDHTの増加は遺伝など個人差があるため、人によって症状は様々です。

亜鉛には5αリダクターゼを抑制する効果があります。

つまり、亜鉛を摂取することで5αリダクターゼの作用を抑え、DHTの増加を予防して脱毛症を防ぐことができます。

 

 

 

[薄毛抜け毛に効果的な成分]ミレットエキス

 

ミレットエキスは、ヨーロッパでは「飲む育毛剤」と呼ばれている程に育毛に必要な成分が多数含まれています。

ミレットエキスに含まれている成分は「シスチン」「メチオニン」「ケイ素(シリカ)」「ビタミンB2」「ビタミンB12」「ロスマリン」などです。

それぞれについて説明していきましょう。

 

[ミレットエキスに含まれる成分]ビタミンB2

 

ミレットエキスに含まれるビタミンB2には、薄毛・抜け毛を防ぐ「頭皮環境を整える」効果と、髪の成長をサポートする「細胞分裂を活発にする」効果があります。

ミレットエキスに含まれるビタミンB2には、薄毛・抜け毛を防ぐ「頭皮環境を整える」効果と、髪の成長をサポートする「細胞分裂を活発にする」効果があります。

<頭皮環境を整える>
ビタミンB2は薄毛の原因になる頭皮環境「皮脂の分泌過多で毛穴に詰まる」のを防ぎます。

毛穴が詰まると、髪の成長が阻害されて毛がやせたり脱毛の原因になります。

頭皮には必要に応じて皮脂が分泌されますが、外的刺激などで皮脂が過剰分泌される場合があります。

ビタミンB2は脂質の代謝に関わっており、頭皮が過剰に皮脂を分泌するのを抑制します。

 

<細胞分裂(毛母細胞)の活性化>
ビタミンB2は細胞分裂をサポートして、髪の成長を促します。

ビタミンB2は髪や皮膚など成長が活発な部位の細胞分裂に関わっており「発育のビタミン」とも呼ばれています。

ビタミンB2の不足は成長を阻害するため「髪の伸びが遅い」「毛がやせる」などのトラブルを招きます。

 

 

[ミレットエキスに含まれる成分]ケイ素(シリカ)

 

ミレットエキスに含まれるケイ素は、薄毛・抜け毛を予防して丈夫な髪を育てる効果があります。

ケイ素には髪を丈夫にする「コラーゲン合成促進」と、育毛に必要な栄養を頭皮に運ぶ「血流改善」という2つの効果があります。

 

<コラーゲン合成促進>

髪は細胞分裂によって成長しますが、コラーゲンはその細胞同士をしっかりとつなぎとめて強度を保つ働きをしています。

コラーゲンが不足すると、細胞同士のつながりが弱くなり切れ毛や抜け毛の原因になります。

 

<血流改善>

ケイ素は血管の主成分で、血管の弾力性を維持する働きをしています。

またケイ素はコレステロールの血管への付着を防いで、血管の詰まりを予防してくれます。

ケイ素の不足は「血管の弾力性低下」「血管内のコレステロール付着」という動脈硬化につながり、血流悪化の原因になります。

ケイ素は体内でつくれませんので、食事などで摂取しなければいけない必須ミネラルです。

しかし、加齢とともに吸収力が弱まっていきます。

ケイ素を摂取するために食事の量を増やすのは難しいことです。

効率的にケイ素を摂取できるミレットエキス配合の育毛サプリメントを活用しましょう。

 

[ミレットエキスに含まれる成分]ロスマリン酸(ポリフェノール)

 

ロスマリン酸は血流を改善することで髪に栄養を行き渡らせ、育毛をサポートします。

ロスマリン酸はポリフェノールの一種で「血糖値を下げる効果」があります。

血中の糖度高いと血液の粘度が高まり、いわゆるドロドロ血になってしまいます。

ドロドロ血は血液の循環を悪くし栄養の運搬が滞っていきます。

血管内に傷をつけることもあり、

血糖値の上昇は、食事で摂取した糖質が分解・吸収されることによって起こります。

糖質は分解酵素であるα-グルコシダーゼによって、単糖類であるブドウ糖に分解されます。

ロスマリン酸はこのα-グルコシダーゼの作用を阻害する働きがあります。

つまり、ロスマリン酸はα-グルコシダーゼの働きを抑えることで血糖値の上昇を抑え、血流の改善をしてくれます。

 

[薄毛・抜け毛に効果的な成分]ノコギリヤシ

 

ノコギリヤシは男性ホルモンが原因の抜け毛、男性型脱毛症(AGA)に効果があります。

AGAは、まだ成長期にある毛髪に「成長を止めるよう指令が出てしまう」ことで起こる脱毛症です。

通常の毛髪の成長期は3〜5年で、その間は成長を続けます。

しかし、男性ホルモンの影響を受けると数ヶ月〜1年ほどで毛髪の成長が終わって抜け落ちてしまいます。

これは、男性ホルモンが作用して成長期の毛髪に成長を止めるよう指令が出てしまうからです。

成長が止まる指令は、活性型の男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)が原因となります。

DHTは、男性ホルモンの主成分であるテストステロンが還元酵素である5αリダクターゼに影響を受けてDHTに変化してしまいます。

ノコギリヤシにはこの5αリダクターゼの活動を抑える作用があります。

つまり、ノコギリヤシを摂取することで5αリダクターゼの活動を抑えて抜け毛を予防することができます。

 

 

[薄毛・抜け毛に効果的な成分]イソフラボン

 

イソフラボンは以下3つのポイントで薄毛・抜け毛に有効です。

1、男性ホルモンが原因となる脱毛症を抑える

男女ともに男性ホルモンと女性ホルモンを持っており、薄毛・抜け毛は男性ホルモンの働きによって起こります。

イソフラボンは男性ホルモンを抑える作用があり、男性ホルモンによる抜け毛(脱毛症)を予防します。

男性ホルモンによる脱毛症は男性型脱毛症(AGA)と呼ばれています。

AGAは、通常2〜5年の毛髪の成長期(寿命)を、途中で終わらせるよう作用して毛髪の寿命を縮めてしまうことで起こります。

毛髪の成長期を止めてしまうのは、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる活性型男性ホルモンによって起こります。

DHTは、男性ホルモンの主要成分テストステロンが変化することで起こります。

テストステロンは還元酵素である5αリダクターゼにより、DHTに変換されます。

この5αリダクターゼの働きを抑制するのが、イソフラボンです。

つまり、イソフラボンで5αリダクターゼを抑制することで、髪の成長期を途中で終わらせてしまう現象を抑えることができます。

結果として毛髪の成長期は通常の期間に延長されて、一般的な毛髪の本数や太さを維持することができるのです。

 

2、血流を改善して頭皮への栄養補給を助ける

イソフラボンは「血管拡張」「血管内コレステロールの調整」「血小板の凝集を防ぐ」という3つの点で血流を正常に保ち、頭皮への栄養補給を促します。

 

3、育毛を促進する成長因子を増やす

イソフラボンは老化とともに減少する成長因子をサポートして、育毛を促します。

育毛を促進するにはインスリン様成長因子-1(IGF-1)を増加させるのが効果的です。

IGF-1を増加させるには、カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)が必要です。

イソフラボンはこのCGRPを増やす働きがあります。

つまり、イソフラボンを摂取することで育毛を促進するIGF-1を増加させることができるのです。

 

[薄毛・抜け毛に効果的な成分]エクオール

 

エクオールは「男性ホルモンによる脱毛症を抑える」「血流を改善する」という効果で髪の成長を助けてくれます。

エクオールはイソフラボンが代謝されたもので、より効果的な女性ホルモン(エストロゲン)の働きをしてくれます。

 

<男性ホルモンが原因の脱毛症を抑える>
エクオールは女性ホルモン(エストロゲン)と同様な働きで男性ホルモンの影響による脱毛を抑えます。

男性ホルモンが原因の脱毛症として有名なのは男性型脱毛症(AGA)です。

男女ともに男性ホルモン、女性ホルモンを持っています。

AGAは、活性型男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)が、成長中の毛髪に「成長をとめる指令」を与えるきっかけとなって起こります。

DHTは、男性ホルモンの主成分テストステロンが還元酵素である5αリダクターゼによって変化したものです。

エクオール(エストロゲン)は、この5αリダクターゼの活動を抑えることで、ジヒドロテストステロンの発生を阻害して脱毛を抑制します。

この5αリダクターゼによる影響は遺伝など個人差があり、抜け毛の度合いもまちまちです。

男性の場合は、男性ホルモンが多いためにAGAの影響も強く出てしまい「おでこや頭頂部などの毛髪がほとんど無くなってしまう」という状態も見受けられます。

女性の場合は男性ホルモンが少ないため影響も少ないですが脱毛により「全体的に髪が薄くなる」という症状になります。

 

 

 

[薄毛・抜け毛に効果的な成分]カプサイシン

カプサイシンは「血流改善」と「育毛効果のある物質を増加させる作用」で毛髪の成長をサポートします。

 

<血流改善>
カプサイシンを摂取すると、体が温まり血流が良くなります。

これは、体が温まることで血管が拡張し、血液が流れやすくなるためです。

体が温まるのは、カプサイシンの辛さによる刺激でアドレナリンの分泌を促し、脂肪燃焼などエネルギー代謝を活発にします。

エネルギー代謝が活発になると、運動をしたときと同じように体温があがります。

つまり、カプサイシンの辛さの刺激でアドレナリンが分泌し、体温が上昇することで血流が良くなるのです。

 

<育毛効果>
カプサイシンを摂取すると、インスリン様成長因子-1(IGF-1)という育毛効果のある物質を増加させます。

IGF-1の増加は、カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)というタンパク質が大量に放出されることで行われます。

このCGRPは、胃腸がカプサイシンから受けた刺激を全身に伝えることで毛根周辺の神経から放出されます。

つまり、カプサイシン摂取による胃腸への刺激が毛根の神経に伝わり、CGRPが放出されることでIGF-1が増加し、育毛を促すことになるのです。

 

 

[薄毛・抜け毛に効果的な成分]リジン(L-リジン)

 

リジンは「髪の成長促進」という、とても有効な効果をもっています。

リジンは「成長ホルモンの促進」「血流の改善」と2つの効果で髪の成長を助けます。

<成長ホルモンを促進>
髪が細胞分裂によって成長するとき「成長ホルモンの分泌」が関っています。

成長ホルモンは睡眠時に分泌されることで、髪や皮膚など成長が盛んな細胞に働きかけて成長を促します。
成長ホルモン分泌に最も関係が深いのは「アルギニン」ですが、リジンはこのアルギニンの働きを助け、よりアルギニンが効果的に働くのを助けて髪の成長を促します。

<血流改善>
リジンは髪に栄養を運ぶ血管を丈夫にする働きがあります。

血管は血液中の脂質が固まったり、ストレスによる影響などでダメージを受けます。

血管がダメージを受けると血管の壁から栄養などが多量に漏れだして、栄養が隅々まで届かなくなります。

血管のダメージ修復にはアルギニンが関わっていますが、リジンはこの作用を助ける働きがあります。

リジンは体内で合成できず、食事などで摂取しなければいけない必須アミノ酸と呼ばれるものです。

育毛サプリで不足しがちなリジンをとって、髪の成長をサポートしましょう。

 

 

[薄毛・抜け毛に効果的な成分]コラーゲンペプチド

 

コラーゲンペプチドは「頭皮環境を整える」「毛髪を太くする」などの効果で丈夫な髪を育てます。

薄毛・抜け毛は髪が育つ場所である頭皮環境に影響を受けます。

髪が育つのは頭皮にある毛包というところです。

毛包は、加齢などによりコラーゲンが不足すると、縮小して太くて丈夫な髪が成長しにくくなります。

コラーゲンペプチドは、摂取することでコラーゲンの合成をサポートしてくれます。

これは、コラーゲンペプチドが内部から皮膚の線維芽細胞に作用して、コラーゲンの合成を活性化させるからです。

コラーゲンが合成されると、頭皮の保湿機能がアップし、乾燥や紫外線などのダメージから頭皮を守ってくれます。

また、頭皮にハリが出て血流も改善します。

 

[薄毛・抜け毛に効果的な成分]フィーバーフュー(夏白菊:ナツシロギク)

 

フィーバーフューは薄毛・抜け毛の原因の一つ、血行不良を改善します。

血行不良が起こると頭皮への栄養が運ばれにくくなります。

頭皮への栄養が不足すると、髪の材料が不足し丈夫な髪が育たなくなります。

髪が丈夫でないということは、細くて切れやすい毛髪になり、通常2〜5年である髪の寿命が短くなってしまうということです。

フィーバーフューの血流改善は、収縮した血管を拡張する効果によるものです。

血管が収縮する原因はセロトニンの放出による影響です。

フィーバーフューの主要成分であるパルテノライドは、セロトニンの発生を抑えて血管の収縮を防ぎます。

血管の収縮は偏頭痛の原因とも言われており、フィーバーフューは偏頭痛に効果があることで有名です。

つまり、頭部に近い部分の血管収縮を抑えて頭皮に栄養を供給するサポートをしてくれます。

 

 

初回購入なら32.8%OFFでお得
女性専用の配合成分で育毛をサポート

おすすめ育毛サプリへのリンクバナー

 

[育毛サプリ/効果]男性にはノコギリヤシが薄毛・抜け毛の改善に効果的!

『男はハゲやすいって聞くけど、、、』
『最近、おでこが広くなってきた、、、』

男性特有の抜け毛の原因は男性ホルモンの影響による脱毛症で、男性型脱毛症(AGA)と呼ばれるものです。

育毛サプリには男性ホルモンの活動を抑える成分「ノコギリヤシ」「亜鉛」が配合されており抜け毛を防ぎます。

では、抜け毛がどのように起こるのか解説していきましょう。

 

男性型脱毛症(AGA)が起こる仕組み

 

毛髪のヘアサイクルについて

 

まず前提として、毛髪にはヘアサイクル(毛周期)という「成長〜老化」があることを説明していきます。

毛髪には3つの期間(①成長期②退行期③休止期)があり、この①〜③を繰り返しています。

この繰り返しをヘアサイクルと呼んでいます。

①成長期:2~5年※男性の場合
②退行期:2週間
③休止期:3、4ヶ月

[成長期] 文字通り、細胞分裂が活発で毛髪がどんどん伸びていく時期
[退行期] 毛髪の成長が徐々におさまって完全に停止し、シャンプーなどの刺激で抜けるようになる時期
[休止期] 新しい細胞が生まれて成長期に移る準備をする時期

通常、髪の成長期は2〜5年あり、この期間が数ヶ月〜1年など極端に短くなるのが男性型脱毛症です。

 

ヘアサイクルの仕組みとAGA

 

ヘアサイクルの仕組みについてもう少し詳しくお話していきましょう。

髪の成長期間は「成長を継続させる因子」と「成長を止めようとする因子」のバランスで保たれています。

この因子はFGF-5と呼ばれ、毛髪の伸長を制御しています。
※FGF:fibroblast growth factor(線維芽細胞増殖因子)

FGF-5は脱毛因子とも呼ばれ、髪の成長期間(寿命)を決定します。

成長期が終わる時期にFGF-5が毛髪に成長を止めるように指令を出します。
これを脱毛シグナルと呼びます。

これは一定期間で細胞が入れ替わる(新陳代謝)観点から自然なことで、異常ではありません。

成長を終えた古い髪が抜け落ちたあと、頭皮の中で新しい髪の毛が生まれていきます。

このFGF-5による脱毛シグナルが通常より早く出てしまうのがAGAです。

 

AGAの原因、FGF-5が早く出てしまう仕組み

 

FGF-5は、活性型男性ホルモンであるジヒドロテストステロン:DHTが増えることによって増殖します。

また、男性は女性よりも男性ホルモンが多いためDHTの影響が強くでます。

DHTが増えるのは、男性ホルモンの主要成分テストステロンが、毛髪内部にある還元酵素5αリダクターゼと結合することで変異していきます。

この5αリダクターゼによるDHTの発生しやすさは、個人差や遺伝によるものが大きいです。

つまり、脱毛を抑えるには5αリダクターゼの活動を抑えることがポイントになります。

なぜなら5αリダクターゼの活動を抑えることで、テストステロンのDHT変異を減少させ、脱毛シグナルFGF-5の発生を抑えることになるからです。

従って、5αリダクターゼの活動を抑えることは、短期間の抜け毛を抑えて髪の毛の成長期間を延長することになります。

 

AGAの原因、5αリダクターゼを抑える方法

 

男性型脱毛症の改善方法は「5αリダクターゼの活動を抑えること」とお話しました。

育毛サプリには5αリダクターゼの活動を抑える「ノコギリヤシ」「亜鉛」が配合されています。

5αリダクターゼの活動が活発であるかどうかは個人差があるため、脱毛の程度もまちまちです。

男性型脱毛症は進行性のため、抜け毛が気になり出したらまずは行動が大切です。

手軽に始められるものからスタートしましょう。

世の中には医療によるAGA治療や自宅ケアの育毛剤・育毛サプリメントがあります。

医療による治療は診療や通院など時間的拘束があります。

育毛剤は外部から頭皮環境を整えますが、体内部の働きである5αリダクターゼの活動を抑えるにはいたりません。

育毛サプリは、健康食品という位置づけのため個人で手軽に入手できます。

またサプリメントは、日本国内の各社が研究を進めており様々なものが発売されています。

「ノコギリヤシ」「亜鉛」という抜け毛を抑えて、髪の成長期間を正常にしてくれる成分が配合された育毛サプリで脱毛対策を始めましょう。

 

初回購入なら32.8%OFFでお得
女性専用の配合成分で育毛をサポート

おすすめ育毛サプリへのリンクバナー

 

 

[育毛サプリ/効果]女性にはイソフラボンが薄毛・抜け毛の改善に効果的!

 

女性に特化した薄毛・抜け毛の改善方法はホルモンバランスの調整です。

育毛サプリには加齢で減少する女性ホルモンを補う「イソフラボン」「プエラリア」が配合されており、ホルモンバランスを整えて抜け毛を改善します。

男女ともに男性ホルモンと女性ホルモンの両方持っており、それぞれバランスが異なります。

抜け毛の主な原因は男性ホルモンであるため、男性は女性よりも脱毛の症状が強くなります。

男性ホルモンの影響による抜け毛を男性型脱毛症(AGA)と呼びます。

女性も男性ホルモンの影響で抜け毛が起こるため、これを女性の男性型脱毛症(FAGA)と呼んでいます。

加齢などで女性ホルモンが減少すると、女性の中の男性ホルモンが相対的に多くなり、抜け毛が増えるのです。

 

初回購入なら32.8%OFFでお得
女性専用の配合成分で育毛をサポート

おすすめ育毛サプリへのリンクバナー

 

[育毛サプリ/効果] 併用すると効果的な育毛剤や育毛シャンプー

 

薄毛・抜け毛は頭皮環境の悪化が原因のひとつです。

これは生活環境や使用しているシャンプー、洗い方などが関係しています。

『育毛シャンプーとか育毛剤って効果あるの?』
『サプリメントと併用しても大丈夫?』

育毛サプリが体の内側から頭皮環境を改善するのに対し、育毛シャンプーや育毛剤は外側から頭皮環境を改善してくれます。

育毛シャンプーは頭皮にダメージの少ない成分を配合し、頭皮のバリア機能である保湿をサポートする成分を配合し、頭皮環境を改善してくれます。

育毛剤は「頭皮環境を整える」「毛髪の成長をサポートする」「抜け毛の原因を改善する」というように、シャンプーよりも複数の効果がありますが洗髪後に使用するためケアに一手間かかります。

育毛サプリでカラダの内側から、育毛剤・育毛シャンプーでカラダの外側からケアすれば、薄毛・抜け毛は改善効果は高くなりますよ。

 

 

初回購入なら32.8%OFFでお得
女性専用の配合成分で育毛をサポート

おすすめ育毛サプリへのリンクバナー