[育毛サプリ/副作用] 初期脱毛の心配不要♪無添加に注目👀

[育毛サプリ/副作用] 安全性を考えて選ぶ育毛サプリメント3つのポイント

 

育毛サプリは「医薬品のような副作用はない」「無添加成分に注目」「安全管理された工場で生産」の3つのポイントで選びましょう。

薬(医薬品)で副作用が出た経験がある方は、育毛サプリの副作用も気になりますよね。

医薬品はその強い作用で急激な変化を起こすため、その弊害が副作用となって現れますが育毛サプリではそのような副作用はありません。

育毛サプリは体に取り込む栄養素をコントロールする健康食品です。

体が持つ本来の力をサポートし、時間をかけて頭皮や髪を健康な状態へ導いてくれます。

育毛サプリで悪影響が出る場合は栄養の過剰摂取やアレルギー、添加物などへの体の反応です。

このような点に気をつけて育毛サプリを選び、豊かな髪を取り戻しましょう。

 

関連記事:[育毛サプリ/女性用] おすすめランキング!薄毛や抜け毛に効果的なのはこれ!

 

初回購入なら32.8%OFFでお得
国内生産で安心サポートの育毛サプリ

おすすめ育毛サプリへのリンクバナー

 

[育毛サプリ/副作用]安全性が高くリスクが少ない

 

育毛サプリには医薬品のように急激な効果がないため副作用の心配が少ないですが、配合されている植物のアレルギーや栄養の過剰摂取には注意が必要です。

そのほかにも

「髪が増えるってことは体毛も増えたり濃くなる?」
「初期脱毛っていうの聞いたことあるんだけど、、、」

など気になる点がありますよね。

副作用として体毛が濃くなる・初期脱毛が起こるのは強い作用を持つ医薬品の育毛内服薬で、育毛サプリでは起こりません。

 

体毛が増える多毛症

 

体毛が濃くなる副作用があるのは医薬品であるミノキシジル内服薬です。

ミノキシジルは血管を拡張する効果があるため、血流をよくして血圧を下げる降圧剤として高血圧の患者に処方されていましたが、発毛効果も発見されたため育毛内服薬としても知られるようになりました。

 

ミノキシジルは降圧剤として開発されたが本邦では認可されていない.また,男性型脱毛症に対する治療薬としても認可されている国はない.それにもかかわらず,全身の多毛症を起こす副作用があることを根拠に,医師が安易に処方したり,一般人が個人輸入で入手し服用することがあるので,医薬品医療機器等法の観点から問題視されている.

引用:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版・日本皮膚科学会

 

上記のように、ミノキシジルには全身の多毛症と呼ばれる体毛が濃くなる副作用が懸念されます。

ミノキシジルの多毛症には「汎発性多毛症」と「局所性多毛症」があります。

「汎発性多毛症」は一般的にほっぺたやあごなどの多毛を引き起こし、ごくまれに腕や足にも影響を与えます。

他には多数の毛がひとつの毛穴(毛包)から発毛したり、逆さまつげのようなまつげの異常な発毛などもあります。

ちなみに、ミノキシジルの外用薬(頭皮に塗るタイプ)も、発毛効果に対して一定の発毛効果の根拠があるため推奨されていますが、皮膚炎や顔面の多毛などの有害な副作用も報告されています。

 

初期脱毛

 

初期脱毛とは、乱れたヘアサイクルが急激に元の正常な状態に戻ろうとする変化によって一時的に抜け毛が増える現象で、育毛内服薬のミノキシジルとフィナステリドで起こります。

乱れたヘアサイクルとは、本来4〜6年かけて成長していく毛髪の寿命が短くなってしまう現象です。

ヘアサイクルは「成長期(4〜6年)」「退行期(2〜3週間)」「休止期(数ヶ月)」の3つに別れ、毛髪は4〜6年で生え変わりを繰り返しています。

成長期(4〜6年):毛髪が元気に成長していく時期
退行期(2〜3週間):成長が徐々にとまっていく時期
休止期(数ヶ月):成長が止まり、毛根で次の毛が育つ準備をする時期

乱れたヘアサイクルは成長期が極端に短くなり毛の発育も不十分で細く、抜けやすくなります。

育毛内服薬を飲むと、この短くなってしまったサイクルを元に戻そうと急激に新しい丈夫な毛を育たせることで、今生えている発育不十分な細い毛を押し出していく(抜けていく)のです。

 

体毛が濃くなることはない

 

女性用育毛サプリでは体毛が濃くなることはありません。

それは女性ホルモンの減少を補う成分が含まれているからです。

女性ホルモンは「女性らしさ」を高めるホルモンですので、頭髪にはハリやコシが出て丈夫に、体毛は薄くなるという効果があります。

女性ホルモンのピークは20代後半から30代前半で、40代〜50代にかけて減少していきます。

女性ホルモンが減少すると、女性の中の男性ホルモンが優位になることで「男性化」が起こります。

女性の男性化は、男性ホルモンによるAGA(男性型脱毛症)の影響や、男性らしさの象徴である体毛の成長につながります。

育毛サプリに配合されている大豆イソフラボンやプエラリアなど女性ホルモンエストロゲンに似た作用をもつを成分が含まれており、減少した女性ホルモンを補う作用をしてくれるのです。

 

初期脱毛は起こらない

 

初期脱毛は医薬品の育毛剤などで乱れたヘアサイクルを急激に正常化させるために一時的に髪が抜ける現象で、育毛サプリでは起こりません。

育毛サプリは取り込む栄養素をコントロールして体内環境に働きかけ、体が本来持つ代謝機能を正常化していきます。

代謝が正常になることで、頭皮の健康やヘアサイクルが徐々に整えられていきます。

そのため医薬品のような毛髪への即効性はない分、初期脱毛は起こりません。

育毛サプリを使用した方の口コミでは「体調がよくなった」「抜け毛が減った」というコメントが見られ、医薬品の育毛内服薬と異なる結果が見受けられます。

薄毛や抜け毛は体の不調のサインです。

育毛サプリは、体全体のバランスを正常化することで豊かな髪を取り戻す助けをしてくれます。

 

関連記事:[育毛サプリ/効果] 亜鉛などの薄毛・抜け毛の改善に必要な成分や栄養素を徹底解説!

 

頭痛や腹痛はアレルギーや飲むタイミングで起こる

 

育毛サプリには植物由来の成分が配合されていますので、花粉症など植物に敏感な方は発熱・頭痛が起こる可能性があります。医師やメーカーに相談しましょう。

例えば、育毛サプリに配合されているミレットエキスはイネ科の品種から抽出した成分ですので、イネ科にアレルギーのある方は摂取前に医師に相談しましょう。

また、唐辛子の辛味主成分であるカプサイシンが配合されている育毛サプリもありますので普段からお腹が弱い人は注意が必要です。

適度な辛味は食欲を刺激・増進して唾液の分泌を促しますが、摂りすぎると胃腸など消化器官の粘膜を傷つけるおそれがあります。

食事の中でカプサイシンを取る場合は胃腸の消化活動が活発で対応できますが、空腹時にはカプサイシンが胃腸の粘膜に直接触れるため、普段より痛みが強くなります。

吸収効率と、痛みの危険を避ける上でカプサイシン配合の育毛サプリは食後に取るようにしましょう。

 

栄養の過剰摂取による影響

 

育毛サプリは不足しがちな栄養を補うという役割で体の環境を整えてくれます。

しかし、適度にとれば有効な栄養も過剰に摂取すると悪い影響を与えることになります。

育毛サプリに記載されている用法容量を守れば安全ですが、いくつかの原因で過剰摂取が起こる場合があります。

育毛サプリには1日の摂取目安(1日3粒目安等)が記載されていますが、早く効果を感じたいと焦って、目安以上の量を続けてとると過剰摂取になります。

2、3日や1週間程度で過剰摂取では変化は感じないかもしれませんが、1ヶ月、2ヶ月と過剰状態がつづくと栄養や体調によって何らかの健康障害が出てきます。

 

過剰摂取の影響一覧

 

栄養素 高用量の過剰摂取で懸念される影響
亜鉛 吐き気、胸のむかつき、食欲不信、下痢、頭痛、貧血
ビタミンA めまい、悪心(吐き気、胸のむかつき)、頭痛
ビタミンB6 吐き気、胸やけ、皮膚病変、光線過敏症
ビタミンB12 なし
ビタミンC 下痢、吐き気、胃けいれん
ビタミンD 吐き気、嘔吐、食欲不振、便秘、脱力感、体重減少
ビタミンE 血液凝固低下による出血のリスク
リジン 胆石の形成、血中コレステロールの上昇、胃けいれん
アルギニン 胃腸の不調、下痢
ノコギリヤシ 便秘、下痢、腹痛、吐き気、めまい
イチョウ葉エキス 頭痛、胃のむかつき
フィーバーフュー(ナツシロギク) 血液凝固低下による出血のリスク

参考:「統合医療」情報発信サイト

 

複数の育毛サプリを平行して飲むと、重複した栄養が過剰になり悪影響が出る場合があります。

育毛サプリは1つの商品で多くの栄養を網羅したオールインワンタイプを選ぶのが安全でおすすめです。

 

複数のサプリを併用する危険性

 

育毛サプリはいくつかの種類が発売されており、組み合わせて使用するには「重複する成分の過剰摂取」「異なるサプリの相互作用」「原因特定が困難」の3点の注意が必要です。

 

育毛サプリは医薬品ではありませんので医師の処方が不要でいつでも購入できるのが利点ですが、複数のサプリを買うこともできてしまいます。

メーカーによって配合されている成分が異なり、それらを全て補おうと複数購入して使用するのは危険です。

育毛サプリにはいくつか種類がありますが、主成分は重複していることがあります(亜鉛やビタミンなど)

それぞれのサプリの目安量では問題なくても複数のサプリをとることで重複している栄養が過剰になってしまうのです。

 

1つの育毛サプリに配合されている各成分はどのように影響しあうかが事前に確認されており、効率的に機能するようになっています。

しかし複数の異なるサプリをとると、それぞれの栄養が反応しあって意図しない影響がでる可能性がありますので注意が必要です。

 

複数の育毛サプリをとると、どのサプリで良い結果が出たのか、悪い影響が出たのかという原因の特定が難しくなります。

複数の育毛サプリを利用する場合は、飲んだ種類や飲み始めたタイミングなどを記録を残して変化を観察しましょう。

 

医薬品との併用の危険性

 

育毛サプリに含まれる栄養は、内服する医薬品の効果を強めたり、弱めたりといった影響を与えることがあります。

育毛のための内服薬や普段飲んでいる薬がある場合は、育毛サプリを飲む前に医師に相談しましょう。

例えば、亜鉛は「抗菌薬(キノロン系またはテトラサイクリン系)の吸収を阻害し、亜鉛自体の吸収も減少する」「関節リウマチの治療薬(ペニシラミン)の吸収と作用を低下させる」「利尿薬(サイアザイド系)を飲むと亜鉛の尿中の排出量を増加させる(亜鉛の不足につながる)」といった相互作用があります。

その他、ビタミンB6は「サイクロセリン(結核の治療)の副作用を強める」「てんかん治療薬の効果を弱める」といった相互作用も確認されています。

 

 

\一つで豊富な栄養がとれるオールインワンタイプ/

おすすめ育毛サプリへのリンクバナー

 

[育毛サプリ/副作用] 無添加成分で安全に配慮

 

育毛サプリは健康食品に分類される加工食品で、添加物が含まれています。

添加物は食品をいつでも食べられる状態に維持したり、つくりやすくするために必要なものです。

コンビニやスーパーでいつでも食品が買えるのは添加物のおかげです。

しかし、添加物を摂りすぎるとアレルギー発症や腸内環境の変化などの悪影響もあります。

20代までは代謝が活発なため添加物の消化も問題なく行われますが、40代以降になると添加物の消化にエネルギーを消耗し、健康を維持するためのエネルギーが不足することになります。

育毛サプリは薄毛や抜け毛予防・対策のために、頭皮や髪の健康をサポートする栄養が豊富に配合されており、栄養の吸収を阻害するなどの不必要な添加物を使用しないようにつくられています。

 

添加物の役割と安全性

 

添加物は厚生労働省の定義では以下のようになっています。

食品添加物は、保存料、甘味料、着色料、香料など食品の製造過程または加工・保存の目的で使用されるものです。

引用:厚生労働省

 

添加物の根本は、食品の劣化による食中毒を防ぐために必要とされたものでした。

その後「食べやすく」「味覚的においしく」「おいしくそうに見える見た目」を考慮して発展したものです。

添加物は古くから使用されており、化学合成されたものだけでなく食品由来のものもあります。

食品添加物は厚生労働省がその品目と使用量を許可したものだけが使用できるようになっており、過剰にとらなければ安全です。

育毛サプリは錠剤またはカプセルタイプのため、一般的な食品と比較して添加物が少ない傾向にあります。

しかし、天然成分を使用したサプリなどは色のばらつきを抑えるため通常必要でない着色料を使用したりする場合もあります。

普段の食事の中にも添加物は含まれているため、補助的な役割の育毛サプリにはなるべく添加物は含まれていないものを使用したいですね。

 

[育毛サプリ/副作用]安全管理された国内生産

 

医薬品の製造には「医薬品GMPの取得」が法令として義務付けられていますが、育毛サプリは食品扱いであるためそのような法令はありません。

食品では「表示間違い」「異物混入」「内容量の規定値未満」などの製造上のミスが起こり、現在でも回収に至る問題が発生しています。

参考:消費者庁リコール情報サイト

医薬品でこうした問題が起こりにくいのは、全ての医薬品製造工場において医薬品GMPが義務化されているからです。

育毛サプリなどの「錠剤、カプセル状等食品」に関しても平成17年に厚生労働省から発表された『「錠剤、カプセル状等食品の適正な製造に係る基本的考え方について」及び 「錠剤、カプセル状等食品の原材料の安全性に関する自主点検ガイドライン」 について』の中に、「事業者が自主的にGMPに従った製造を進めていくことが期待される」という文面があり、GMP取得の動きが盛んになってきました。

 

医薬品GMPとは

 

GMPは(Good Manufacturing Practice)の略称で、製造工場における製造管理・品質管理基準のことです。

原材料の仕入れから製造、最終商品出荷までの過程において、製品が安全に一定品質で製造されるよう基準を定めたもので、日本では2005年に医薬品製造販売の要件となっています。

世界と日本におけるGMPの歴史は以下の通りです。

GMP は 1962(S87)年にアメリカが「連邦食品・医薬品・化粧品法」内に「薬品の製造規範(GMP)に関する事項」として制定したのが始まりである。
その後、WHO(世界保健機関)がアメリカの GMP を基に WHO-GMP を作成し、1969(S44)年に加盟国に対して医薬品貿易において GMP に基づく証明制度を採用・実施するよう勧告した。
日本はこの勧告を受け、1976(S51)年より「医薬品の製造および品質管理に関する基準」に基づく行政指導を開始し、その後、1980(S55)年に厚生省令として公布、1994(H6)年には省令改正により医薬品製造の許可要件となり、さらに 2005(H17)年には製造販売の承認要件となった。

引用:https://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/03/dl/s0330-12c_0113.pdf

 

健康食品GMPとは

 

平成17年に厚生労働省医薬食品局食品安全部長から出された『「錠剤、カプセル状等食品の適正な製造に係る基本的考え方について」及び 「錠剤、カプセル状等食品の原材料の安全性に関する自主点検ガイドライン」について』を受けて、GMP認証の第三者機関2つが立ち上がっています。

今後、サプリメントは医薬品に準じる管理が一般的になっていきます。

すでにGMP取得している工場は健康食品であるサプリメント製造に対し安全管理意識の高い事業者といえます。

育毛サプリも頭皮や毛髪の問題を体内環境の改善によって正常化するため継続的に摂取するものですので、安全管理され一定品質のサプリを製造できるGMP認証工場の製品を購入するのが安心ですね。

 

\国内GMP認定工場製造で安心の育毛サプリ/

おすすめ育毛サプリへのリンクバナー